Telework Training 【Maximizing Productivity】

This is a training program that aims to help companies that have implemented or are considering implementing telework, to understand potential problems and management methods, and to put them into practice.

Introduce and manage telework effectively.

Who Benefits the Most

New Employee Young employees Mid-level employees Manager

  • テレワークを導入しているが、仕事が思うように進まない方
  • 自宅での仕事の為、モチベーションの維持やセルフコントロールが上手くできない方
  • テレワーク時、部下をどのように管理すればよいか分からない方
Lineup Overview Feature

Information updated

Training in this category helps resolve further issues and concerns

Training Issue
  • 一人で仕事を行うため、だらけてしまう、もしくは過度に仕事をしてしまう
  • テレワークを導入したが、上手く管理できているか不安である
  • 自律した部下を育成し、テレワークであっても成果を上げて欲しい
  • テレワークの必要性を感じているが、どのように導入すればよいか分からない

Telework Training Overview

テレワーク研修は、テレワーク導入前・導入後いずれも対応できる研修です。導入前の具体的な計画を立てるところから、導入後の部下マネジメントまでを網羅しています。

テレワークとは

テレワークとは、ICTを活用し、時間や場所にとらわれずに働くことです。「リモートワーク」も同じ意味で使われている言葉です。テレワークの中でも、自宅で勤務することを在宅勤務と言います。現在では、会社や自宅だけでなく、コワーキングスペースなどで働く方もいます。テレワークでは柔軟な働き方が可能ですが、それによる次のようなメリットとデメリットがあります。

テレワークのメリット

コスト削減

オフィスにかかる固定費や社員の交通費などのコストを削減することができます。テレワークを前提にオフィススペースを縮小する企業もあります。

多様な人材の雇用

日勤フルタイム出勤がしにくい人材が活躍できるの場を作ることが可能です。育児や介護と両立する方が通勤時間を省くことでフルタイムに近い時間働くことができたり、地方や海外在住者と共に働くこともできます。

生産性や効率の向上

隙間時間を利用してコワーキングスペースで仕事をしたり、自宅で作業に集中したりすることができます。予定外の打ち合わせや顧客の訪問による中断がないことは各自の仕事を進める上ではメリットになります。

テレワークのデメリット

勤怠管理が複雑化

時間や場所に縛られずに働くことができるため、労働実態の把握が難しくなります。長時間労働や時間外労働が発生しやすい状況とも言えます。

社員間のコミュニケーションの減少

同じチームであっても、それぞれが別の場所で働くため、社員間のコミュニケーションが少なくなってしまいます。メールやチャットを使用すればいいことはわかっていますが、お互いが何をしているか見えにくいため、「連絡してもいいだろうか?」「確認した方がいいだろうか?」など余計に考える時間ができてしまうこともあります。新人や若手にとっては上司に相談しにくい状態と感じるでしょう。

部下のマネジメントや評価が難しい

部下を直接指導したり、働きぶりを直接観察する機会が少なくなります。上司は最適なタイミングで部下のフォローをしなくてはなりませんが、テレワークでは、放置気味になったり、逆に過干渉になったりと部下へのちょうどいいコミュニケーション、支援をすることが難しい状態です。そのため、結果以外の部分での評価やフォローがしにくい点がデメリットとなります。

テレワークのメリット

テレワーク実施者は増加している

ITの発展にともない、労働者の多様な就労形態を選択できる社会を目指し、国としてもテレワークを推進する取り組みを行っています。また、外出を控えたり人流を抑える動きの中で、テレワーク実施者は増加しています。

Features of Telework Training

リスキルのテレワーク研修には次のような特徴があります。

導入前の具体的な計画が作成できる

テレワーク導入予定の企業様を対象とした研修をご用意しております。自社の課題や制度を確認しつつ、研修終了後は導入計画が出来上がるという研修内容となっております。

テレワークでのセルフコントロールの方法が分かる

テレワークでは、決められた時間内で成果を出すための効果的な仕事の進め方が求められます。
「時間管理」「タスク管理」「社内コミュニケーション」という要素に焦点を絞り、テレワークにおける生産性の改善と向上の方法を学びます。

導入後の部下マネジメント

働き方改革や現在の状況によりテレワークを導入したが、思うように進まず、生産性にもばらつきがあるという声がよく聞かれます。
研修では、テレワークにて起こりうる問題に対し「制度」「業務整備」「成果を出させるマネジメント」の3点で考え、改善策を検討します。

Get a Quote (in 10 secs.) General Inquiry Request Information

Lineup of Telework Training

Achievement

リスキルのテレワーク研修は、様々な企業様よりお問い合わせをいただいております。

制度としては以前からあったが、社員全員に導入したという場合も多く、改めて現状に合わせたルール作りが求められています。リスキルでは、導入前・導入後・マネジメントという視点に分けて学ぶことで、明日から使えるスキルを身に付けることができます。

Reskill is trusted by a wide range of leading organizations

Training Achievements
Get a Quote (in 10 secs.)

TOP

研修のお問い合わせはこちら

Learn more about our services

Office Hours Mon-Fri 9AM-6PM Local Time